タカミクリニックでお肌の問題を改善する~ツル肌GET方法~

レディー

目の下の変色にご用心

女性

自己ケアで治らない場合も

寝不足の日が続いたりすると目の下に青いクマができるという現象は、多くの人が経験しているところです。これは身体の疲労による血行障害が原因で、毛細血管がたくさん集まっている目の下のうっ血が肌を透かして見えるためです。それゆえ睡眠を十分にとるなどして身体を休めればたいていは自然に解消されます。一方、クマには自然に治らないタイプのものもあります。たとえばうっすらと黒くなるタイプのクマがそれです。これは目の周りの皮膚や筋肉がたるんできて脂肪がせり出し、影を作るのが原因です。また、茶色いクマも簡単には治りません。これは色素沈着が原因です。この2つのいずれの場合も、主たる要因は加齢です。これらを治すにはエイジングケアが必要になります。セルフケアでもある程度は改善できますが、美容外科等のクリニックを受診すればより根本的な解決が期待できます。

原因別にしっかり治療

美容医療では、状態や原因に応じて最適な治療法を選択することでクマを治すことができます。たとえばクロクマを治す場合です。この場合は外科手術によって脂肪を除去したり、くぼんだ部分に移動させたりすることで出っ張りを解消する治療法が行われます。凹凸がそれほど大きくない時はヒアルロン酸を注入しハリをもたせることで目立たなくするといった手法が用いられることもあります。一方、茶色いクマの場合はお肌のターンオーバーを正常化し、フレッシュな細胞に生まれ変わらせることで治すのが一般的です。代表的な方法としてはピーリングやビタミンCの導入などがあります。また、最近ではレーザー治療の導入も盛んです。熱エネルギーによって新陳代謝を促進するだけでなくコラーゲンの生成も促すため、総合的な美肌効果が得られるとして人気を呼んでいます。